IT構想策定サービスはシステム導入の課題を解決します

自社のITシステム刷新を考えたいが、
具体的な作業として何から手をつけるべきかわからない・・・。

このような悩みをお持ちではないですか?
ERPパッケージなど基幹システム導入にあたっては、まずは業務の洗い出しや課題抽出などの現状分析をした上で、
あるべき業務を描くことが不可欠です。

こんな企業におすすめです。

  • ・システム構築時のリスクを軽減したい
  • ・限られたリソースでの対応。成功した他社がどう取り組んだか参考にしたい
  • ・社内コンセンサスをとりながら正確に進めたい
  • ・システム選定のRFPを書くのも大変...

IT構想策定サービス」は、ITシステム導入の前段として個社ごとのITグランドデザインを策定するサービスです。 策定プロセスにおいてはこれまで蓄積してきた受注生産型製造業が抱える課題や解決策、To-Be業務フローなど業種業態を理解した私たちだからこそ提供できる視点・ノウハウを最大限活かし、貴社のITグランドデザイン策定をお手伝いします。

個別受注生産型製造業に特化したノウハウを集約
業界に特化したソリューションを用意しているこれまでの実績やケーススタディから蓄積されたノウハウがあり
ます。そのため課題解決に対して、現状把握からの問題定義や業務モデルの検討など各フェーズにおいて
独自のノウハウを集約した"貴社業態に最適化した行程"を用意しています。
体系化されたメソッドの中で短時間で効果的な計画策定の提案
実施計画作成の作業タスクは明確なメソッド化がされています。各工程にはそのタスクが抱えるミッションを
どのように解決していくかを定義付けした作業手順を用意しており、その手順にそって検討を行います。
その際、前タスクで創出された成果物を次タスクの材料にして段階的に検討を重ねて行くことで明確かつ
迅速に実施計画へと導きます。
用意されたツールセットを使用してムダ・モレのない
確実な品質のサービス
現在抱えている課題、また新たに創出された課題を的確、確実に解決するために独自のツールセットを用意しています。
TO-BE(理想モデル)業務フロー・部品別想定課題一覧・部門別インタビュー項目・改革テーマ集などのツールを使用して品質の高いサービスを実現します。
定量化された"見える指標設定"
従来は定性的な効果設定が大半を占めていたシステム構築プロジェクトにおいて、定量的な目標効果設定を導入しました。経営指標(財務KPI、プロセスKPIなど)の設定、システム導入における期待効果と実効策の明確化を行うことで投資効果をあきらかにし、導入の優位性を明示します。

サービスの流れ

PAGE TOP