コラム

Column

生産管理システム「Biz∫SCAW製番管理」 HOME > コラム > 【第6回】組織やルールの改革(設計部品表と製造部品表)

コンサルタントAJの受注生産型コラム

【第6回】
組織やルールの改革(設計部品表と製造部品表)

前回は階層型BOMの運用ルールについて考えてみました。
今回はそのルールの中でも悩ましい設計部品表(E-BOM)と製造部品表(M-BOM)について考えてみたいと思います。
一般的にE-BOMとM-BOMの違いは、

  1. E-BOMは機能面から考えた構造(構成)であって、M-BOMは製造や調達面から考えた構造(構成)である
  2. 素材や工程手順などの生産技術情報はE-BOMにはないが、M-BOMにはある

特にベンダー側の人が理解できないと言われるE-BOMの機能面から考えた構造とは、BOMの教材として昔からよく使われる自転車で例えると、ハンドル部分にレバーが付いている「変速機」が理解しやすいと思います。
E-BOMには「変速機」という機能部品が一つ設定されますが、M-BOM上ではハンドル部分の変速レバー、変速ワイヤー、タイヤ部分の変速ギアと分かれて設定されます。

イメージ

さて、設計で階層型BOMを作成し、それを製造に活かせるBOMにどうやって連携、変換するのか、悩まれているメーカーも多いと思います。
M-BOMをどこで、どのように作成すれば良いのかということです。
結論から言えば、メーカーの製品の特性や体制の違いもあるので、正解はないと考えています。
ただ、一つ言えることは、計画や標準化を重視されるメーカーはできる限り、上流部署、つまり設計部門、さらに言えば営業部門で作成することを目指しているということです。
これまでに見てきたパターンは大きく4つあり、

  1. 生産管理部門でE-BOMを、構成含めてM-BOMに変換する
  2. 設計部門にE-BOMをM-BOMに変換するチームがある
  3. 設計部門の方がPDM等でM-BOMを意識した図面構成を作成し、生産管理部門で素材や工順等を追加し、M-BOMを完成させる
  4. 見積BOMやマトリクスBOMをベースに、主に営業やそれを支援する部門がM-BOMを作成
イメージ

4の運用ができれば理想ですが、個別受注メーカーで圧倒的に多いのが1のパターンです。
しかし、できる製品からでいいので、少しずつでも4のパターンへの取り組みを増やすことが、以前にも述べました、個別受注メーカの生命線である「標準化」へ向かうことではないでしょうか。
あと、最近組織改革も含めて弊社のお客様でも増えつつあるのが2のパターンです。
次回はその2のパターン(設計部門にE-BOMをM-BOMに変換するチームがある)、その目的や効果などについて考えていきたいと思います。

より詳しい内容や資料をご希望の方は下記より、ご相談ください。

  • Biz∫SCAW製番管理システム 導入のメリット
  • IT構想策定サービス 導入のメリット
  • Biz∫SCAW製番管理システムで課題を解決
  • 導入をご検討の経営者様へ

お客様の声

一覧へ
業務改善在庫適正

フシマン株式会社様

長年の業務で生み出された独自ルールを脱却。 ブラックボックスをなくし、合理的、スリムな業務フローを実現!

お客様の声を読む
在庫適性コスト削減

京都電子工業株式会社様

分析装置製造業

業務とデータの見える化を実現。意識改革が進展し、2割の在庫削減を達成!

お客様の声を読む

お問い合わせ

  • 資料請求 資料のご請求はこちらから
  • お問い合わせ ご用命、デモのご依頼などはこちら

お気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP