活用例

Case study

生産管理システム「Biz∫SCAW製番管理」 HOME > 活用例 > 計測機器製造業 S社

1

計測機器製造業 S社

計測機器製造業 S社  【生産管理部門】

特注品を管理できるシステムを導入したいが どこから始めればよいかわからない…

S社では長年使い続けてきたパッケージの陳腐化という問題が浮上する一方、その間にビジネスモデルが変化したことでシステムと実態の乖離が大きくなっていました。そこで、各拠点単位に導入していたパッケージを統合し、業務の平準化を進めることになりました。

課題

需要高まる特注品。しかし、既存システムでは変更管理もままならず…

S社の主力製品はカタログ販売がメインの規格品でしたが、ここ数年は顧客仕様の要望が増えてきていました。「広い分野でお使いいただく製品なので使用シーンによってアタッチを変えたいというニーズが増えており、それらに対応した特注品の需要が増えていました」と生産管理を担当するM氏は言います。ところが、この特注対応は、既存の生産管理システムでは管理しきれなくなっており、多くの問題を抱えていました。中でも変更管理の煩雑さは深刻でした。タイムリーに変更内容が与える影響範囲を把握することができず、進捗やコストにも影響し、多くの余剰品を抱えざるを得ない状況でした。特注品は注文ごとに仕様が異なるため、必要最低限の部品在庫に留める必要があり、改善を求められていました。

個別対応の管理ができずクレームも。システムの見直しを進めたいが何から手をつければよいかわからない!

一方で、出荷後のサポートについても課題となっていました。規格品の場合、部品が全て同じなので故障や不具合もすぐに対応できていました。ところが、特注品は製品によって部品が異なるため、個別対応が複雑になっていました。「問合せてもすぐに回答をもらえない」というユーザの不満の声が営業部門に寄せられていたのです。
今後も特注品の需要が伸びることは間違いありません。ユーザの要望に応えられるよう管理方法を見直したいのですが、規格品は現状システムのまま使い続けたいという社内の意見もありました。M氏は何から手をつければよいかわからず、システム統合は暗礁に乗り上げてしまいました。

課題のポイント
  • 既存システムとビジネスモデルに乖離が生じている
  • 特注品の生産管理ができていない
  • 現状のGAPを埋めるシステムを選定したいが何から手をつければいいかわからない
  • 1
  • 2

より詳しい内容や資料をご希望の方は下記より、ご相談ください。

  • Biz∫SCAW製番管理システム 導入のメリット
  • IT構想策定サービス 導入のメリット
  • Biz∫SCAW製番管理システムで課題を解決
  • 導入をご検討の経営者様へ

お客様の声

一覧へ
在庫適性コスト削減

京都電子工業株式会社様

分析装置製造業

業務とデータの見える化を実現。意識改革が進展し、2割の在庫削減を達成!

お客様の声を読む
業務スピードアップコスト削減業務精度向上

富士車輛株式会社様

特殊車両製造業

「計画重視」へと社員の思想が変化。全社的な管理レベル向上に。

お客様の声を読む

お問い合わせ

  • 資料請求 資料のご請求はこちらから
  • お問い合わせ ご用命、デモのご依頼などはこちら

お気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP