活用例

Case study

生産管理システム「Biz∫SCAW製番管理」 HOME > 活用例 > 精密機械製造業 E社

精密機械製造業 E社

精密機械製造業 E社

長年使い続けた手組みの基幹システムも限界… 部門ごとに存在するBOMを統合し、タイムリーな情報把握を実現!

解決

解決のポイント
  • ERP型システムで全社データを一気通貫管理、生産性が向上
  • BOMの統合でいつでもタイムリーな情報にアクセスできるようになった

キーワードは「統合BOM」

担当のO氏は、一部分だけでもパッケージで対応できないかと考え情報収集を始めます。程なくしてNTTデータ関西の「受注生産型製造業向け『Biz∫SCAW製番管理システム』製品説明会」というセミナーをみつけ、参加することにしました。セミナーの中で紹介された「統合BOM」というコンセプトに興味を持ったO氏は、担当営業と個別相談をしました。

ついに基幹システムを刷新。一気通貫で管理できるようになり、生産性向上に貢献

改めて説明を受けた『Biz∫SCAW製番管理システム』は、階層型製番別部品表をコアコンセプトとし予実管理を実現していました。完成した製品レベルでの収支と進捗の予実はもちろん、製品を構成するユニット、ユニットを構成する部品、素材など、物というレベルにおいての進捗とコストに関する予実管理を行うことができるうえ、リアルタイムな把握も可能ということでした。 「EPR型なので基幹のほとんどを1ソリューションで対応できる点は、非常に興味深いものでした。BOMを中心とした一元化された情報にいつでもアクセスできるので、関係部門がそれぞれ必要なタイミングで確認することができるという点も、検討するうえで大きなポイントとなりました」(O氏)。
検討を重ねた結果、E社はシステム全般を刷新し、『Biz∫SCAW製番管理システム』の導入を決めました。受注生産に特化したパッケージなので、業務フィット率も高く、想定よりも自社の負担を抑えて導入することができました。 「社内システムをほぼ入れ替えることになるので、大変ではありました。しかし、弊社の業務形態に合っているシステムなので、これまで発生していた不具合や間接業務の削減、見積と原価実績のタイムリーな比較など、生産性向上という目的を果たすことができました」とO氏。
さらに、顧客との接点を1システムで全て対応できるようになったことでライフサイクル全般を一気通貫して管理できるようになったことで、従来対応しきれていなかったアフターメンテナンスサービスの充実にもつながりました。

この課題を解決したソリューションはこちら

  • 1
  • 2

より詳しい内容や資料をご希望の方は下記より、ご相談ください。

  • Biz∫SCAW製番管理システム 導入のメリット
  • IT構想策定サービス 導入のメリット
  • Biz∫SCAW製番管理システムで課題を解決
  • 導入をご検討の経営者様へ

お客様の声

一覧へ
在庫適性コスト削減

京都電子工業株式会社様

分析装置製造業

業務とデータの見える化を実現。意識改革が進展し、2割の在庫削減を達成!

お客様の声を読む
業務スピードアップコスト削減業務精度向上

富士車輛株式会社様

特殊車両製造業

「計画重視」へと社員の思想が変化。全社的な管理レベル向上に。

お客様の声を読む

お問い合わせ

  • 資料請求 資料のご請求はこちらから
  • お問い合わせ ご用命、デモのご依頼などはこちら

お気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP