活用例

Case study

生産管理システム「Biz∫SCAW製番管理」 HOME > 活用例 > 工作機械メーカー N社

1

工作機械メーカー N社

工作機械メーカー N社  【管理部門】

紙の帳票や作業指示書の非効率性を改善したい
リードタイム短縮を実現した業務改革方法

N社で運用している生産管理システムは、導入して20年以上経ち、保守契約がすでに切れていました。
生産管理システムのリプレイスを機に、ITを活用した業務改革に取り組むことになりました。

課題

データの二重入力や、二重管理を解消し業務を効率化したい

N社では受注が増え管理が行き届かなくなってきていました。当初、既存システムのベンダーが取り扱っているパッケージシステムにリプレイスする方向で検討を進めていましたが、既存システムベンダーから現行課題に対する具体的な解決策(ソリューション)の提案が少なかったため、検討は遅々として進みませんでした。

現行業務では、帳票のほとんどが紙で管理されており、データの二重入力や二重管理されているものが多数存在しました。システム選定を担当していた管理部門のA氏はシステムのリプレイスにより、このような非効率な作業やムダを改善したいと考えていました。一方で、20年以上使い続けてきたシステムを切り替えることで運用の混乱やデータ移行で問題が生じるのではないかという懸念もありました。

作業指示書に手書きで追記しているため、データが残らず活用できない

N社では作業指示書をExcelで作成し、プリントアウトされたものを回覧していましたが、各部署の担当者が変更箇所を手書きで追記していくため、データで残らないことが問題となっていました。

「同様の案件を繰り返し取り扱うことになっても、データとして蓄積されていないので参考にすることができず、毎回同じフローで、同じ確認作業が発生し、無駄なリードタイムがかかっていました」(A氏)

課題のポイント
  • 既存システムのベンダーには生産管理のノウハウがなく、要望が理解してもらえない
  • 帳票は紙で管理されており、データの二重入力や二重管理が多発していて非効率的
  • 作業指示書を紙で回覧し、手書きで追記しているため活用できない
  • 1
  • 2

より詳しい内容や資料をご希望の方は下記より、ご相談ください。

  • Biz∫SCAW製番管理システム 導入のメリット
  • IT構想策定サービス 導入のメリット
  • Biz∫SCAW製番管理システムで課題を解決
  • 導入をご検討の経営者様へ

お客様の声

一覧へ
在庫適性コスト削減

京都電子工業株式会社様

分析装置製造業

業務とデータの見える化を実現。意識改革が進展し、2割の在庫削減を達成!

お客様の声を読む
業務スピードアップコスト削減業務精度向上

富士車輛株式会社様

特殊車両製造業

「計画重視」へと社員の思想が変化。全社的な管理レベル向上に。

お客様の声を読む

お問い合わせ

  • 資料請求 資料のご請求はこちらから
  • お問い合わせ ご用命、デモのご依頼などはこちら

お気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP